2013/01/21

修復プリント


愛知県のお客様から、「プリントがまだらに剥がれているので、修復できないか」との
問い合わせがありました。

撮影した画像を送ってもらうと、


このような状態。
上が、防寒ブルゾン、下がツナギです























 お客様は「デザインデータがあるので、再版して重ね刷りできないか?多少ズレ
てもかまわない」と。


とはいえ、洗濯を繰り返し、変形した絵柄に重ね刷りするのは至難の業。
たとえうまく重ねられたとしても、劣化したインクの上に乗ったインクはやがて
剥がれる運命に・・・


ということで、残っているインクをきれいに剥がして再プリントすることを提案。
現物を送ってもらいました。

 まずは、防寒ブルゾン。


 染み抜きスプレーガンで難なく剥がれます。
ただ、裏地のボアが溶剤を含んで、ものすごい重量に。
乾燥させるのに苦労しました。


 次にツナギ。


 ブルゾンに比べ残っている部分が多いうえに、かなりしぶとく固着しているため、
大量の溶剤を消費してしまいました。





















どちらもうっすらと残っているものの、プリントしてしまえば気にならないレベルになりました。

で、再プリント。









































お客様より「大満足」とのコメントをいただきました。